我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

「努力」って言葉は、人を不幸にする言葉だと考えている件について。

「努力」って言葉が大嫌いです!!

 

 

「努力」って言葉が大嫌いな理由は、

その人が本来持っている適性とか才能を見極める機会を潰してしまうから。

 

 

 

明らかに今の仕事に向いてないのに転職しない人。

 

明らかに今の仕事に向いてないのに、苦しみながら仕事を続けている人って見たことありますよね。

 

「なんでこの人、転職しないんだろう?向いてない仕事するよりも転職した方が、将来的に絶対この人の為になるのに。」、

って思う人を時々見ます。

 

 

 

「努力すればなんとかなる」と思って、自分を客観視できていない。

 

明らかに向いてないのに今の仕事を続けてる人って、自分のこと客観視できてないです。

 

「努力すればなんとかなる」って勘違いしてます。

 

もともとの素質が無ければ努力しても、絶対に芽が出ません。

ただの時間と体力の無駄遣いです。

 

巻き込まれる周りも迷惑ですし。

 

 

「素質」があってこそ、「努力」は意味をなす。

 

人それぞれが持っている「素質」を見極めて、「努力」すれば、能力を伸ばすことができます。

 

でも、向いていないことに努力を注いどもほとんど効果ありません。能力は伸びません。

 

意味のない努力して、ただ疲れるだけです。

 

 

自分に向いてることを探そう。

 

幸せな人生を過ごすために、自分に向いていることを探すことが大切です。

 

自分に向いていることを断定するのは、なかなか簡単ではないですが。

 

でも、なんとなく自分に向いている方向性を見つけることはできます。

 

僕自身は、

節約すること、少ないお金で生活すること、整理整頓、お金の支出を記録すること、粗食で暮らすこと、考えを文章にすること、一人で行動すること。

 

などが、自分に向いていることだと思います。

 

全然苦労しないし、割と楽しいし、続けられるし。

 

「努力」とか全く意識せずにやっちゃってます。