読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

人間の運命って決まっている気がする件について。無理とかしても絶対に続かなくて、無意識にしてることは続いている。

 人間の運命って、ある程度は決まっている気がします。

 

 これは、人によって考えはが違うと思います。あくまでも、僕の場合の考えです。

 

 もともとその人が持っている素質とか性格とか、生まれた環境とかで、ある程度人生って決まってしまう気がします。

 

 根性とか努力とかでは抗えない、人それぞれ持っている何かがあると思うのです。「星の下に生まれた」とか「カルマ」とか、そんな感じのものを全ての人が持っていると思います。そして、それが「運命」というものだと思うのです。

 

 今回は、そんなことについて記事にします。

 

 

無理してやってることって結局続かない。

 

「ブログで毎日有益な情報を書いてお金を稼ぐぞ。」

「株で稼ぐために毎日勉強するぞ。」

「オリンピック選手になりたいから、毎日練習するぞ。」

「英語の勉強をするぞ。」

 

 こういう、意識しないとできないこと、無理して頑張ることって絶対に続かないと思います。初めのうちは続けることができても、ふとしたきっかけで続かなくなってしまいます。

 楽しくないのに、無理して自分の気持ちを誤魔化してやっているから続かないんだと思います。

 

 

無意識にやっていることって続く。

 

 だらだらYoutubeを見る。

 ぼけ~っとドライブ。

 昼寝。

 気ままに読書。

 映画鑑賞。

 楽しくないけど生活のための仕事。

 余計なことにお金を使わない。 

 

 無意識のうちにやってしまうことって、絶対に続けていくことができます。だって、無理してやっているわけではないですからね。知らないうちに自分自身が求めてやってしまっているのです。

 

 

無意識にやっていること=「運命」みたいなもの

  無意識にやっていることっていうのが「運命」みたいなものだと思います。もうその人自身がどうにかしようとコントロールできるもんじゃないんです。自然と何かに操られるかのようにやってしまっているのです。

 

 

「世の中どうにもならないことってあるんだ」と思えば、気持ちが楽になる。

 

 人間の運命ってある程度決まってしまっているんだって思うことができれば、色んなことに対して気持ちが楽になると思います。

 

 「自分の努力不足だから、人生が上手く行かないんだ。努力できない自分はダメな人間なんだ。」っていう自己否定もしなくなると思います。

 

 そういうわけで、自分の人生が、自分が思い描いていたものと違ってしまったら、

 

「今世ではこういう自分を生きる番に当たってしまったのね。じゃあ、この自分で経験できることを楽しんで生きていけば良いや。」

 

 と思うことができて、色んなことに対して力を抜いて生きていくことができます。

 

 

 

僕は、そんな風に思いながら生きています。