読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

少ないお金で生活できた方が人生の自由度が増えると思うので、精神的に辛くない範囲でどこまで生活費を安くできるかを実験している件について。

 生活に必要なお金が少なければ少ないほど、人生の自由度が上がると思います。

 

 だって、少ない生活費で良ければ、少しだけ生活費を稼ぐための仕事をして、あとは好きなことができる時間をたくさん持つことができるからです。それに、嫌な仕事をするストレスも少なくすることができますし。

 

 というわけで、精神的に辛くない範囲でどこまで生活費を安くできるかを実験しています。

 

 

1ヵ月の支出の内訳について(平成28年11月分)

 

・家賃 40,000円

・食費 19,000円(両親分も若干負担。)

・水道 2,300円

・電気 2,300円

・灯油 1,200円

・携帯代 700円

・インターネット代 4,700円 

・ガソリン代 8,500円 

・医療費 0円

・生活用品 1,300円

・床屋 3,700円

・外食 5,300円

・書籍 3,000円

・温泉 1,200円

・職場飲み会 6,000円

・年賀状 9,200円(両親分も負担。)

・冠婚葬祭 5,000円

 

合計 113,400円

 

 青文字の部分の支出を少なくすれば、もっと少ないお金で1ヵ月生活できた気がします。

 特に、職場飲み会6,000円、年賀状9,200円、冠婚葬祭5,000円の支出(計20,200円)。

 これが無ければ、11月は1ヵ月で93,200円で生活することができました。これだと10万円を切って生活することができました。

 

 

11月の生活について

 特にすごく我慢して節約した気はありません。生活に必要なことについては特に考えずに支出していました。

 僕は生活に対する欲求が低いので、11万程度の生活費で特に不満もなく生活できるのだと思います。

 

 

以上。