我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

どうしてこんなにギスギスしてるんだろう。

シーキチンの中に虫が混入していたという問題に関するニュースがありました。


会社は虫が入っていたことを隠そうとしていたそうです。

その対応について、たくさんの人たちから批判を受けたそうです。



僕はこのニュースを見て、「なんだか世の中ギスギスしているな。こんなギスギスしている世の中では、色々と弱い僕は幸せを感じて生きていくことは難しいな」と感じました。


僕は「みんな完全に完璧なことなんてできないだろう」と考えている。


食品の安全、問題が発覚した後の対応。完全に完璧といえる対応ができるのだろうか。

それこそ完璧を目指そうとすると、精神的に病んでしまい死んでしまうのではないでしょうか。


企業の対応に批判をする人たちも、普段から自身が完璧な対応ができているのか不思議に思う。


誰だって間違うし、面倒なことから逃げたいし、楽をしたいと思っているはずだ。


企業を批判するっていうことは、自分自身が何か問題を起こした際には、自分自身も企業と同じ完璧な対応を求められるということになる。


みんな精神的に病んでしまう可能性のある、完全な完璧さを求められることになってしまう。

僕はそうなったら完全に精神を病むだろう。


ますます世の中がギスギスしていって生きにくくなってしまう気がする。


「みんな色々あるから、お互い様で仕方ないよね」で済まされないのだろうか?