読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

どうして他人の役に立てないと気分が落ち込むのだろう。

何もしないでゴロゴロしていると、「誰の役にも立っていない自分って社会的に価値が無いのでは?」と考えてしまいます。


仕事で思ったようなことができないと「自分は役立たずの人間なんだ」と考えてしまいます。



なんでこんなマイナスなこと考えちゃうんだろう。

こんなこと考えなきゃ、もっと幸せに生きれると思うのに。



人は他人とコミュニケーションを取って社会を形成しないと生きていくことができない生き物だから、こんなことを考えてしまうのかな。


それとも、「世の中の役に立たなければならない」って考えが強いのは、近代的な考え方なのかな。もっと昔の時代はそんな考えはなかったのかもしれない。


また、「世の中の役に立たなければならない」って考え方は、日本という国が外国とよりも顕著に強い考え方なのかもしれない。


ふと、そんなことを考えました。