読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が輩はバカになる。

マイペースに好きなこと書いてます。

投資信託をやってたけど、やめた件について。そして、また少額で再開しようと考えている件について。

楽してお金を儲けたい!!

 

不労所得が欲しいの!!

 

一生働かないで過ごせるだけのお金よ降って来い!!

 

 

そういう、邪な気持ちがあったので、以前に投資信託をしていました。

 

 

NISAでお金がざっくざく!!

 

 

管理が色々面倒から、投資信託をやめた。

 

 NISA口座を開設して投資信託やっていましたが、今は全くやっていません。

 

 管理が面倒だし、なんだか詳しくもないのに日経平均が気になったり、購入した投資信託はいつ解約するのが得なのか気になったり・・・、

 

 とにかく余計な心配事や手間が掛かるのでやめちゃいました。

 

 

さらに、明確にお金を貯めなくちゃならない理由ができたから、投資信託してる場合じゃないと思った。

 

 株とか投資信託ってお金に余裕がある人が、さらにお金を増やしたい時にやるものだと思います。

 

 毎日の生活のお金に困っている人とか、目的があってお金を貯めなくちゃならない人は、株とか投資信託はやらない方が無難だと思います。やらない方が毎日の生活に余裕が出たり、目的の為の貯金が早く貯まると思います。

 

 株とか投資信託でお金を増やして、生活費に充てたり、目的の為の貯金に充てるのは、結局は効率が悪いと思います。

 

 僕の場合は、実家の住宅ローンを払ったり、親の介護のお金を貯める必要が出てきたので、投資信託はやめました。

 

 投資信託でお金を増やせれば良いですが、もしかしたらお金が減る可能性もあるので、投資信託をやめました。

 

 投資信託で確実に利益を得られる保証はないです。

 でも、実家の住宅ローンを繰り上げ返済した場合は、確実に利益を得ることができます。住宅ローンは早く返せば返すほど、利子を払わなくて済むので得をします。

 

 というわけで、投資信託にお金を回さずに、貯金にお金を回すことにしました。早くお金を貯めて、少しでも早く実家の住宅ローンを完済しようと考えています。

 

 

経済とかの勉強のために少額で投資信託を再開しようと考えている。

 

 投資信託でお金を増やそうって考えはやめました。

 

 でも、経済とかの勉強になるので、少額で投資信託を再開しようと思っています。毎月500円ずつ投資信託を積み立て購入してみようと考えています。

 

 儲けようとかって考えは全くなく、毎月購入する500円の投資信託の価値がどのように変化していくのかを見てみたいからです。

 

 別に毎月500円なら、積み立てた投資信託の価値が上がろうが下がろうが気になりません。純粋に、積み立てた500円がどんな値動きをしていくのかが気になります。おまけで少し儲けられたらと考えています。

 

 日経平均に連動する投資信託とか、世界中の経済状況に連動する投資信託を買ってみようと思います。

 

 

以上。

 

 

今年の残念だった出費を書いてみた件について。

 年末なので、今年1年で残念だった、勿体なかった、あまり意味がないと思った出費について書いてみます。

 

 来年以降はできるだけ、残念は出費は減らしていけるようにしたいです。自分への戒めを込めて、以下より、残念だった出費を紹介します。

 

 

海外旅行のキャンセル代 31,055円

 インドに旅行に行こうとしていたら、バングラディッシュでイスラム国が起こした日本人が殺害テロが発生したので、旅行をキャンセルしました。

 インドはバングラディッシュの隣国なので、なにかあっても面倒なのでキャンセルしました。結局、インドでテロは起きませんでしたが。

 本当にテロ組織とか迷惑なのでやめて欲しいです。世界平和よ来たれ。

 

 

仕事関係の飲み会代 23,000円

 仕事関係の飲み会は極力出ないようにしています。1次会が終わったら即ブッチです。2次会なんて無駄の極みです。

 仕事所の付き合いの人の身の上話とか、愚痴とか、本当にどうでもいいです。それに服も臭くなって洗濯物増えるし。

 

 

年賀状 9,200円

 なんのために年賀状ってあるんでしょうか?本当に必要ありません。

今年からは年賀状は、年上の人のみに書くことにしました。年下の人には面倒なので年賀状を出しません。届いてもガン無視します。そうしたら、次の年からは察して年賀状を送って来なくなると思うので。

 年賀状のやりとりやめましょうって言うこと自体も面倒です。

 

 

 

 家計簿を見てぱっと出てきた残念だった出費は以上です。合計で63,255円も残念な出費がありました。

 来年は残念な出費をもっと少なくしたいです。

 

以上。

 

 

一人暮らししてみると、生活するのにどれくらいお金がかかるのかはっきりわかりますね。

すごく当たり前なことですが、一人暮らしすると、生活するのにどれくらいのお金がかかるのかはっきりわかりますよね。


逆に、家族と同居していると、どれくらい生活費がかかるのかはっきりわからないです。


家族と一緒に暮らした方が、家賃とか光熱費とかコストパフォーマンスは良いと思います。

 


でも、一人暮らしをした経験って、物凄く大切な経験になります。


食費、洗濯、掃除、家計管理とか、生きていくのに絶対に必要なスキルが身に付きます。


逆に、一人暮らしした経験の無い人って、こういうスキルが身に付いてないのでヤバい気がします。(色んな事情で一人暮らしできない人もいますが。)


僕の父親なんかは、生活するスキルが無いヤバい人間の一人だと思います。

家事なんて全くできないですし、する気もないですね。



結婚とかする前に、できるだけ多くの人が一人暮らしの経験をしておけたらなと思います。


そうしたら、家事とか家計のことが身につくから、夫婦喧嘩とか離婚とか減らせると思います。


暖房代について思うこと。

寒くなると暖房代が掛かります。


僕は寒さに弱い人間なので、暖房代はあんまり節約しません。


寒いと動くのが嫌になってしまいます。


夜寝る時は暖房を消します。

布団に入っていれば暖かいので。


でも、部屋は寒いです。


寝るまでの間は暖房を付けています。

着込んで寒さ対策しても、部屋自体が寒いと、あまり寒さ対策にならないからです。


僕が20代の楽しい人生を捨てても、お金のことばっかり考えている理由について。

お金のことをよく考えています。

 

 

守銭奴」と呼ばれても仕方がないくらい、お金のことを考えています。

 

「20代の人間なのにお金のことばかり考えて虚しいなぁ~」と思うこともありますが、それでもお金のことをよく考えています。

 

こんなんだから、友達とかいないんだと思います。

 

 

お金のことばっかり考えている理由。

 

年老いていく両親がお金が無いからです。

 

「”下流老人”ってうちの両親のことね」ってよく思います。

 

 父親は定年を迎えました。でも、実家の住宅ローンが残ってます。母親は専業主婦です。ずっと家庭に入っていたので、今更パートで働くのも無理な感じです。

 

 父親は定年後も働いてはいます。でも、もう給料が増えることはないです。減る一方です。身体もどんどん弱ってきています。貯金なんて全くありません。

 

「この人たちこれからどうやって生きていくんだろう」ってよく考えています。

 

 

血の繋がっている人を無視することって、自分自身を否定しているような気がする。

 

 年老いていく両親が、お金の心配をしているのを無視するわけにもいかないです。

血が繋がっていないのなら無視できるけど、血が繋がっている両親を無視することって、自分を否定しているような気がするからです。

 

 「あんたの稼いだお金なんだから、自分の好きなように使えば良い。私はお金が無いから早く死ぬから良いんだ。」って母親は言います。

 

 でも、そんなこと言われても、大抵の人は自分の好きなようにお金使えるわけないと思います。

 

 僕自身がお金が無くて、一人で孤独に死んでいくのなら別になんとも思いません。

でも、自分の親がお金が無い中でひもじい思いをして死んでいくのを見て何も思わない人っていうのは、なかなかいないと思います。

 

 本当、「あんたの稼いだお金なんだから、自分の好きなように使えば良い。私はお金が無いから早く死ぬから良いんだ。」って、自分勝手な言葉だと思います。

 

 そんなの見て、放っておける人なんていないでしょ。

 

 

父親はクソ野郎です。

父親は本当にクソ野郎だと思う。見捨てることはできないけれど。

父親はまだ60代だけど結構ヤバい気がします。少し認知症が入っていると思います。

 

 お金が無いなら、無いなりの生活をすれば良いのに、節約する気はほぼありません。

暖房はガンガン焚くし、電気も消さない、携帯代の見直しをしない、トイレの水を流しっぱなしにする、毎晩酒ばかり飲んでいる、シャワーで済ませれば良いのに毎日温泉に行きます。

 

 とにかく一緒にいるとイライラします。「死んでしまえ」と思うことも多々あります。

 

 でも、血が繋がっているので見捨てるわけにもいかないです。血の繋がっている人を見捨てるっていうことは、自分自身を否定しているような気がするからです。

 

 

僕がお金を貯めるしか方法がない。

 もう父親のモノの考え方はどうやっても直せないです。

だから、自分がもっとお金をたくさん貯められるようになるしかないと考えています。

 

 でも、収入を上げることは簡単じゃないです。だから、節約して出ていくお金を少なくするようにしています。

 

 

 早くお金貯めて、実家の住宅ローンを払って、親の介護のお金を貯めて、僕自身が好きなようにお金を使えるようにもなりたいです。

 

 

以上。 

 

小柳ルミ子が紅白歌合戦で歌った「ヒーロー」を聞くと、憂鬱な気分を吹き飛ばせる件について。

マイケル・ジャクソンではありません。

 

f:id:tasogare_syonen:20161215225636j:plain

 

 

小柳ルミ子」さんです。

 

スリラーの時の「マイケル・ジャクソン」ではありません。

 

 

小柳ルミ子紅白歌合戦で歌った「ヒーロー」を観ると、憂鬱な気分を吹き飛ばせるよ。

 

 小柳ルミ子が、スクールウォーズのテーマ曲の「ヒーロー」を紅白歌合戦で歌っています。

 

 麻倉未稀の歌なのに、なぜだか小柳ルミ子が歌っています。歌詞も麻倉未稀のヒーローと違っちゃています。

 

 小柳ルミ子のヒーローの歌詞は、男を求めて狩りに出る女性のような感じの歌詞です。

 

 気になった人は是非Youtube小柳ルミ子 ヒーロー」と検索してみて下さい。

度肝を抜かされるものが見れますよ。尻子玉を抜かれますよ。

 

 

小柳ルミ子の「ヒーロー」で凄いと思った点。

 

 

 

ハイレグの喰い込み角度がえぐり過ぎていたり、

f:id:tasogare_syonen:20161215230245j:plain

 

 

 

バックダンサーをを使って千手観音みたいになってみたり

f:id:tasogare_syonen:20161215230500j:plain

 

 

 

 

最後は、人間階段を上り切った後で、

 

「I NEED THE HERO~~!!!」

 

と、シャウトしたりします。

 

小さなことで悩んでいた自分に喝を入れられた気分になりますよ。

 

以上。

人間の運命って決まっている気がする件について。無理とかしても絶対に続かなくて、無意識にしてることは続いている。

 人間の運命って、ある程度は決まっている気がします。

 

 これは、人によって考えはが違うと思います。あくまでも、僕の場合の考えです。

 

 もともとその人が持っている素質とか性格とか、生まれた環境とかで、ある程度人生って決まってしまう気がします。

 

 根性とか努力とかでは抗えない、人それぞれ持っている何かがあると思うのです。「星の下に生まれた」とか「カルマ」とか、そんな感じのものを全ての人が持っていると思います。そして、それが「運命」というものだと思うのです。

 

 今回は、そんなことについて記事にします。

 

 

無理してやってることって結局続かない。

 

「ブログで毎日有益な情報を書いてお金を稼ぐぞ。」

「株で稼ぐために毎日勉強するぞ。」

「オリンピック選手になりたいから、毎日練習するぞ。」

「英語の勉強をするぞ。」

 

 こういう、意識しないとできないこと、無理して頑張ることって絶対に続かないと思います。初めのうちは続けることができても、ふとしたきっかけで続かなくなってしまいます。

 楽しくないのに、無理して自分の気持ちを誤魔化してやっているから続かないんだと思います。

 

 

無意識にやっていることって続く。

 

 だらだらYoutubeを見る。

 ぼけ~っとドライブ。

 昼寝。

 気ままに読書。

 映画鑑賞。

 楽しくないけど生活のための仕事。

 余計なことにお金を使わない。 

 

 無意識のうちにやってしまうことって、絶対に続けていくことができます。だって、無理してやっているわけではないですからね。知らないうちに自分自身が求めてやってしまっているのです。

 

 

無意識にやっていること=「運命」みたいなもの

  無意識にやっていることっていうのが「運命」みたいなものだと思います。もうその人自身がどうにかしようとコントロールできるもんじゃないんです。自然と何かに操られるかのようにやってしまっているのです。

 

 

「世の中どうにもならないことってあるんだ」と思えば、気持ちが楽になる。

 

 人間の運命ってある程度決まってしまっているんだって思うことができれば、色んなことに対して気持ちが楽になると思います。

 

 「自分の努力不足だから、人生が上手く行かないんだ。努力できない自分はダメな人間なんだ。」っていう自己否定もしなくなると思います。

 

 そういうわけで、自分の人生が、自分が思い描いていたものと違ってしまったら、

 

「今世ではこういう自分を生きる番に当たってしまったのね。じゃあ、この自分で経験できることを楽しんで生きていけば良いや。」

 

 と思うことができて、色んなことに対して力を抜いて生きていくことができます。

 

 

 

僕は、そんな風に思いながら生きています。